おじゃる丸役を「強制降板」

 声優の小西寛子(42)さんが、18年前にNHKのアニメ番組「おじゃる丸」を降板させられた経緯をツイートして話題になっています。

 小西さんは1998年から2000年まで、おじゃる丸の第1シリーズから第3シリーズまで主役のおじゃる丸を演じました。しかし、第4シリーズから突然西村ちなみさんに交代、当時は様々な憶測を呼んだんものです。

 しかし2018年6月、長年の沈黙を破って降板の理由をツイッター上で明らかにしました。それによると、NHK側から収録と言われて録ったおじゃる丸の声が、実際は番組本編ではなく関連商品の音声に使われ販売されていたと言う事です。そのことについて事務所を通じてNHK側に問いあわせたところ、プロヂューサーから「生意気だ、アニメ業界で仕事できなくするぞ」と脅され、実際に降板させられたそうです。

 そして、事務所の関係者に最近、またNHK関連で同様な事件があったと説明しています。

 NHK側は18年前の事について全面否定、降板についても契約満了によるものとしていますが、小西さんの事務所は当時のプロデューサーの音声は録音していると反論しています。

 18年越しのゴタゴタですね。契約満了というのも、今ひとつ説得力がありません。何故契約を更新しなかったのか、人気アニメの主役声優交代と言うのは、普通声優の病気や高齢、死亡以外では殆どありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です