男子の将来の夢、15年ぶり学者・博士が1位

 第一生命保険が毎年小学生を対象に行っている、「大人になったらなりたいもの」のアンケートで、男子の第一位が「学者・博士」だったそうです。

 アンケートは小学校6年生までの子供を対象に、昨年7月から9月に行われました。2003年以降、毎年1位はプロ野球選手かJリーガーでしたが、今回15年ぶりに「学者・博士」が1位に返り咲きました。

 この所、自然科学部門で日本人のノーベル賞受賞者が相次いでいることなどが影響しているとみられます。そもそも、学者・博士は人気の低い職業ではありません。毎年のようにベスト10に入っていますし、それどころかベスト3の常連で、昨年は2位でした。

 最近は日本人科学者の活躍や、その研究人生をテレビ番組で特集したりする事も多いですし、人工知能が人間のプロ棋士と将棋をしたり、人工知能による自動運転車が走行実験を行ったりと、科学に注目が集まることも多くなっています。

 しかし、現実は厳しいものがあります。2012年にiPS細胞でノーベル賞 生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授(京都大学)も、1年の半分を寄付金集めのために奔走しているとか。